好きに成ってしまったのだから仕方がない、ただそれだけ

やっぱり、猪熊さんの描く絵は文子さんがいちばんだ。

2018年4月12日 
いのくまさんはいつも楽しそう。作る人は戦わなければとか、苦しまなくてはとか、そんなの?と思う人。楽しくて何が悪いといのくまさんは思うし、僕も思う。いのくまさんはどうしてこんなに人の心を軽くするのだろうと考えた。友達がいい、なにせ藤田嗣治だ、この人も変な人だ、でも素敵だ。そして文子さん、文子さんはどんな人だかわからない、でもいのくまさんは文子さんをいっぱい描いている。青いドレスの文子さん、赤いドレスの文子さん。文子さんが逝った後は、文子さんの顔ばかり描いている。よっぽど好きだったんだろう。文子さんとは一目惚れで結ばれたんだという。いのくまさんらしい。好きに成ってしまったのだから仕方がない、ただそれだけ。とってもさっぱりしている。友達だけじゃない、街もいのくまさんをしわわせにした。パリではピンクに塗られた壁の風変わりな部屋に住み、日本からパリに帰る途中にたまたま立ち寄ったN.Y.に一目惚れ、それから20年N.Y.いることになる。ここでも一目惚れだ。そして描くものに差別がない、猫であり、馬であり、 鳥であり、 文子さんであり、針金であり、道で拾ったゴミであり、腐ったリンゴだ。好きなものは好きなのだ。帰りに買った 「猪熊弦一郎のおもちゃ箱・やさしい線」にこんなことが書いてあった。「 画家は自分のすきなもの、愛しているものをよく絵に描くんです。愛しているところに美があるからなんです。愛情と美は、離れることができません。」 わぁ、いいこと言うなぁ 。好きだからしようがない、そんなことばかり言って過ごした90年の幸せな人生だった。

f:id:machidesign:20190423193758j:plain

f:id:machidesign:20190423193825j:plain

f:id:machidesign:20190423193836j:plain

 

こういう人を僕達は待っていたのかなと

この10年ほど、毎年この国のいろんな町や村を訪ねてきたけれど、その中でも一番いいなぁと思ったのは尾道だった。いいなぁと思う町にはやっぱりいいなぁと思う人が育ってくるのだとこの投稿を見て思った。村上さんの政治手腕なんて全くわからないけれど、ここに書かれている僕はこんな風に生きてきました、そして今こんな風に思って政治の世界に足をつっこんでみようと思いますという村上さんの文章は、どんな立派なマニフェストよりも率直で、こういう人を僕達は待っていたのかなと、僕は尾道市民ではないけれど思った。頑張ってくださいひろふみさん。
https://hmurakami.jimdofree.com/?fbclid=IwAR1kEl9UnEGnSMESHUM9W2SKLBM6LOxe5sfqWRlI2YrskEgQcI7uI_Fg6ks

前よりちょっとだけ親密な感じのあいさつを交わしたりして

今年のお花見もなごやかなうちに終わって、主役は入学式を終えたばかりの小さな新入生たちや後片付けに忙しい鳩たちへと替わり、また静かな公園に戻っている。いっしょにわぁわぁと酔っ払っていたおじさんたちにすれ違うと、前よりちょっとだけ親密な感じのあいさつを交わしたりして少し恥ずかしくもあるのだけれど花見の後には後の良さがある。

f:id:machidesign:20190408120338j:plain

f:id:machidesign:20190408130625j:plain

f:id:machidesign:20190408120603j:plain

 

考えることと言ったら

多分、今年最後のお花見、ようやく満開でお天気も良く、昨日はご近所の皆さんとぐでんぐでんだったから、今日は静かにお花見読書+お弁当の予定が、やっぱりなんとなく物足りなくって、スーパーマーケットに走って、缶ビールを調達。本は開く気になれず、ひたすらぼーっと。考えることと言ったら、お花見ってなんだ?、白幡先生の群桜、飲食、群衆に変わるべき定義を考えるが浮かばず、でもちらちらと平和ということを思った。それではまた来年!
https://www.youtube.com/watch?v=GmixonmWVdc&list=RDMMIP0YrMKZhkM&index=3

f:id:machidesign:20190407144509j:plain

f:id:machidesign:20190406145311j:plain

f:id:machidesign:20190407145538j:plain

f:id:machidesign:20190407144757j:plain

f:id:machidesign:20190406140350j:plain

 

このある種のカオスを私は受け入れることにしました

内田裕也(享年79)Rock’n Roll葬」4月3日、青山葬儀場での長女・内田也哉子の謝辞。
私は正直、父をあまりよく知りません。わかり得ないという言葉の方が正確かもしれません。けれどそれは、ここまで共に過ごした時間の合計が、数週間にも満たないからというだけではなく、生前母が口にしたように、こんなに分かりにくくて、こんなに分かりやすい人はいない。世の中の矛盾を全て表しているのが内田裕也ということが根本にあるように思います。
私の知りうる裕也は、いつ噴火するか分からない火山であり、それと同時に溶岩の間で物ともせずに咲いた野花のように、すがすがしく無垢(むく)な存在でもありました。率直に言えば、父が息を引き取り、冷たくなり、棺に入れられ、熱い炎で焼かれ、ひからびた骨と化してもなお、私の心は、涙でにじむことさえ戸惑っていました。きっと実感のない父と娘の物語が、始まりにも気付かないうちに幕を閉じたからでしょう。
けれども今日、この瞬間、目の前に広がるこの光景は、私にとっては単なるセレモニーではありません。裕也を見届けようと集まられたおひとりおひとりが持つ父との交感の真実が、目に見えぬ巨大な気配と化し、この会場を埋め尽くし、ほとばしっています。父親という概念には到底おさまりきれなかった内田裕也という人間が、叫び、交わり、かみつき、歓喜し、転び、沈黙し、また転がり続けた震動を皆さんは確かに感じとっていた。これ以上、お前は何が知りたいんだ。きっと、父はそう言うでしょう。
そして自問します。私が父から教わったことは何だったのか。それは多分、大げさに言えば、生きとし生けるものへの畏敬の念かもしれません。彼は破天荒で、時に手に負えない人だったけど、ズルい奴ではなかったこと。地位も名誉もないけれど、どんな嵐の中でも駆けつけてくれる友だけはいる。これ以上、生きる上で何を望むんだ。そう聞こえています。
母は晩年、自分は妻として名ばかりで、夫に何もしてこなかったと申し訳なさそうにつぶやくことがありました。「こんな自分に捕まっちゃったばかりに」と遠い目をして言うのです。そして、半世紀近い婚姻関係の中、おりおりに入れ替わる父の恋人たちに、あらゆる形で感謝をしてきました。私はそんなきれい事を言う母が嫌いでしたが、彼女はとんでもなく本気でした。まるで、はなから夫は自分のもの、という概念がなかったかのように。
もちろん人は生まれ持って誰のものではなく個人です。歴(れっき)とした世間の道理は承知していても、何かの縁で出会い、夫婦の取り決めを交わしただけで、互いの一切合切の責任を取り合うというのも、どこか腑(ふ)に落ちません。けれでも、真実は母がそのあり方を自由意思で選んでいたのです。そして父も、1人の女性にとらわれず心身共に自由な独立を選んだのです。
2人を取り巻く周囲に、これまで多大な迷惑をかけたことを謝罪しつつ、今更ですが、このある種のカオスを私は受け入れることにしました。まるで蜃気楼(しんきろう)のように、でも確かに存在した2人。私という2人の証がここに立ち、また2人の遺伝子は次の時代へと流転していく。この自然の摂理に包まれたカオスも、なかなかおもしろいものです。
79年という長い間、父が本当にお世話になりました。最後は、彼らしく送りたいと思います。
Fuckin' Yuya Uchida, don't rest in peace just Rock'nRoll!!

お花見サンドウィッチ

昼からは絶好のお花見日和でわんさかわんさか、でもほとんどは若いママとこども達で、おじさんたちは仕事かな?で、この光景を見ていると、少子高齢化著しいオールド・タウンという近頃よく聞く多摩ニュー・タウンを揶揄するレッテルはそうなの?って思ってしまう。僕はオールド・タウンとんでもないという立場ではなくて、いつまでもニュー・タウンだなんて、うまく年を取れないおじいさんやおばぁさんみたいで嫌だなぁ、大事なのは気持ちよく年を取っていくこと。若いママ達やちっちゃな子供達が走り回っているこの風景を見ていると、ちょっと古びたまちがいいなぁと思ってくれる若い人たちが増えてきているようで嬉しい。そんな人たちに交じって、急きょお花見をと思って、となりのこはるびカフェさんにハムと卵とレタスのお花見サンドウィッチを作ってもらった。飲み物はビールではなくてコーヒーを作ってもらったから、酔っ払いおじさんにはなれなくてお花見サンドウィッチのスケッチをした。

f:id:machidesign:20190404200306j:plain

f:id:machidesign:20190404131943j:plain

f:id:machidesign:20190404122535j:plain

f:id:machidesign:20190404132026j:plain





のスケッチをした。